高橋一生と岡田准一の同級生コンビ相思相愛ぶりにファンがザワつき

昨年放送された岡田准一主演の大河ドラマ軍師官兵衛。

あれ?
この俳優、こんなにカッコよかったっけ?

目の肥えた岡田准一ファンをも魅了する男の正体、それは高橋一生。

一生


高橋一生くんは、なんと岡田准一くんの高校の同級生。
しかも、クラスメート!!

そしてなんと、2人はただならぬ関係!?
プライベートでも、めちゃくちゃ仲がいいとか?

岡田准一くんファンは要チェックですぞ!

岡田准一と高橋一生は堀越高校のクラスメートで共演を誓い合った仲!?

軍師官兵衛で、准一くん演じる官兵衛をいつも見守る家臣の九郎右衛門。

クールな二番家老ながら、殿を見守る姿、准一くんをみつめる姿が目に焼き付いた方も多いのでは?

高橋一生の大河


高橋一生くん。
かなりの数のドラマに出演されているので、顔は知っていたけれど、という人は多いはず。

しかし、一生くん。
ここにきて女心を一気にかっさらい始めたような気がします(笑)。


しかも、岡田准一くんとは何とも親密な関係とか・・。

2人は堀越高校のクラスメートなんですね!


高校のとき、屋上で

「いつか一緒に共演できるといいね。」

と語り合った仲なのですよ~!!!


共演するのが2人の夢だったと准一くんは語っています。


若かりし少年2人が語り合った夢が、大河ドラマで実現したんですね!
すごいですね~!

なんか感動しちゃいます。

Sponsored Link


岡田准一の唇を奪った高橋一生の官兵衛クランクアップ事件をファンは!?

高橋一生くんが、岡田准一くんの唇を奪った!?

事件は、軍師官兵衛クランクアップの日おこりました。

岡田准一くんに共演者らが次々とキス。

中谷美紀さんと松坂桃李くんは、准一くんの頬に。
濱田岳くんと速水もこみちくんは、准一くんの剃髪頭に。

そんな中・・・
やってくれたのが、高橋一生くんです。

岡田准一くんの顔に手をそえて、く・・唇にマジチューを。
しかも絵になる2人(笑)。

誰かが准一くんの唇なんて奪っちゃったら・・・、


ファンとしては、嫉妬というか、
なんともいえない気持ちが沸くんでしょうが、


それ通り越して、


相手が高橋一生だったら、諦めるか!


みたいな(笑)。


だって、これ、相思相愛じゃないですか・・。


勝手な見方ですが、
濃い~顔の准一くんと、並んだときの相性がめっちゃ良いと思うんです。

高橋一生くんの何とも言えない中性的な美しさが・・・。
どこか、フィギュアスケートの羽生結弦くんに似てる気が。


准一くん、変な女とくっつくなら(いや、もといw)、

綺麗な女優さんでも、一般女性でも・・・

噂になる? 交際? 結婚? するなら、


いっそのこと・・・

准一くんの相手・・・


高橋一生がいいじゃないか!!!


・・・と思うのは、私だけでしょうか。。



准一くんの相手が、一生くんなら諦めがつく気がするんですよ。。



(たぶん、おかしなこと言ってるのは分かってます。
気分を害されたファンの方いらしたら、ごめんなさい。。
・・・ゆっくり冷静に考えてみますw。)

高橋一生くんがスタジオパークに出演しましたよっ!!
⇒高橋一生がスタジオパークで岡田准一への想いと歌披露でファン急増中

Sponsored Link

2 Responses to “高橋一生と岡田准一の同級生コンビ相思相愛ぶりにファンがザワつき”

  1. まる より:

    はじめまして。
    まると申します。
    いつも楽しい岡田さん情報をありがとうございます。
    管理人様の岡田さん愛に毎日ほっこりさせていただいております。

    スタジオパーク、私も観ました。
    高橋さんはVTRの岡田さんを
    優しいお顔で見つめてましたね。
    山登りのお話も、まるで彼女を気遣う彼氏でした(笑)
    管理人様の仰る通り、下手な女性と一緒になるより高橋さんと一緒になった方が…と思えてしまいました(笑)
    きっと幸せになれる気がします。

    長々と失礼しました。
    お身体に気をつけて下さい。

  2. らら より:

    まるさん

    管理人ららです。
    コメントありがとうございます!!

    >下手な女性と一緒になるより高橋さんと一緒になった方が…と

    わ・・私だけじゃなかった~。
    高橋一生くんのあの表情、気遣いから、やっぱりそう思っちゃいますよね~!笑
    よかった・・・。

    まるさん、とても暖かいコメント、本当にありがとうございます。
    とっても嬉しいです(^○^)。

    また遊びにいらしてくださいませ~☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ