岡田准一の格闘技はSPがキッカケ!3つの武術で師範資格を!?

岡田准一くんの格闘技の腕前が凄すぎるんです。

インストラクターの資格を3つも持ってるんですよ!

その3つの武術とは、カリ・ジークンドー・USA修斗です。

 

岡田准一くんの格闘技の凄さが、世の中に知られたのは、映画SPでしょう。

映画SPは、もともとフジテレビの深夜枠で放映されていたドラマです。

 

映画は、野望編と革命編という構成でしたが、忘れもしないのは革命編・・・。

ドキドキしていた公開前日、東日本大震災が起こりました。

当然そのため、映画にも影響あったわけですが、興行収入33.3億円を記録しました。

 

准一くんが演じる特殊能力をもったSP、井上薫の役が最高でした。

また、紅一点、真木よう子さんも、ステキでしたね~。

カッコいい~♪

maki


 

真木よう子さんが演じるのは准一くんの先輩役で、いつも上から口調。

しかし、なぜか撮影以外でも准一くんのことを

「おい、岡田~!」と呼び捨てにするって、准一くんが嘆いてました^^;。

ちなみに、准一くんのほうが年上・・。

 

向上心の高い岡田准一くん、SP映画化が決まって、本格的に武術カリ(KALI)を始めたそうです。

カリというのは、ハリウッドアクション映画で主流となっているフィリピン伝統武術です。

FBIの訓練にも導入されているもので、准一くんはこれを究めたんですね~。

 

ですから、この映画、もちろん!スタントマンなし!!

映画ではスタッフとして武術指導にも、准一くんが参加したんですよ!

 

伝説の格闘家である中村頼永さんを師匠にしている、練習風景の動画をどうぞ!

 

ちなみに、ブルースリーが「燃えよドラゴン」地下室のシーンでやってたのも、これです^^。

 

岡田准一くんは本物のSPになれない!?そのわけは・・・

さて、こんなにも武術を究めた准一くん、実はSPになれないそうなんです。

あんなに鍛えて、3つもの武術で師範レベルなのになぜ?

SPの条件はどうなっているのでしょう。

 

身長173cm以上、柔道又は剣道3段以上、拳銃射撃上級、英会話ができることなど、一定の条件を満たした警察官であることが必須条件とされる。その条件を満たすことで、SPとしての適性を認められた警察官の中で、部署の上司などから推薦を受けた者は、候補者として警察学校等の警察施設で3ヶ月間の特殊な訓練を受ける。訓練を通じて、厳しい競争を勝ち抜いた優秀な候補者の中からさらに選ばれた者だけがSPに任命される。

~ウィキペディア セキュリティポリス (Security Police)より引用~

 

さて、准一くんがSPになれるかどうか、一つずつ見ていきましょう!

あ・・まず第一に身長173cm以上の条件が・・・。

准一くんの公式身長は169cmです。

これも怪しいとの噂が!?→岡田准一くん身長サバよみ疑惑!?V6の身長ランキングは?

 

残念ながら准一くん、どんなに頑張ってもSPには、なれませんね^^;

 

Sponsored Link

2 Responses to “岡田准一の格闘技はSPがキッカケ!3つの武術で師範資格を!?”

  1. ユウコ マティングリー より:

    真面目で 何事にも一生懸命 人一倍努力する 准一さんが大好きです 
    歌って踊って ピアノ ギター 乗馬 格闘技の資格まであるなんて 最高です

    たった4cm足りなくて SPになれないなら SPを訓練する インストラクターになれるんじゃない そしたら 主人には内緒で 私が特訓で 英語を教えて差し上げます (笑)

  2. らら より:

    ユウコさん
    コメントありがとうございます(^○^)☆

    そうなんですよね。
    真面目で努力の人、准一くん。
    素敵ですよね~♪

    英語~いいですね。
    ご主人に内緒ってとこがまた(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ