映画蜩ノ記の感想ネタバレ!岡田准一が刀さばき披露!憧れの役所広司

映画「蜩ノ記」で、岡田准一くんに会ってきました。

運よく某テレビ局主催の映画試写会に当たり、一足先に観てきましたよ蜩ノ記。
あ、スクリーンの岡田准一くんに会ってきました^^。

蜩ノ記映画


日頃、軍師官兵衛のしぶい岡田准一くんを見なれているせいか、精かんな青年の准一くんが、そりゃもう新鮮で食い入るように観てきました。

はい、永遠の0に続いて、号泣の嵐。
軍師官兵衛でも准一くんと一緒に泣いてる私は、どんだけ今年、准一くんに泣かせられたか。

岡田准一くんファンのみなさん、映画冒頭から准一くんの出番ですよ!
期待して、心して、蜩ノ記を観に行かれてくださいね。

岡田准一の刀さばきと格闘シーン!?が期待を裏切らない蜩ノ記

映画全体の雰囲気としては、「静」なんですよ。
日本の四季の風景が、本当に美しいです。

この美しい風景に、秋谷の人生、時の流れが重なります。
映画のロケ地は、岩手県の遠野や、福島県の会津若松で行われたようです。

しかし、正直、話の内容が渋すぎて、観る前はちょっと不安だったんです。
小説「蜩ノ記」時代物で破格の50万部を突破した作品ですが、切腹して死ぬ話なの?と。
岡田准一くんはそれを見張る役じゃ、話自体、地味じゃないのかしらと。

不安は、すぐに吹っ飛びました。
映画全体、凛とした空気がたちこめています。

そんな中で、岡田准一くんが魅せてくれます!!
准一ファンを裏切りません。

最初から、ちょっと暴れてくれてます。
まぁ、それが原因で、戸田秋谷(役所広司)さんの見張り役を言い渡されるわけですが・・。

准一くんの刀さばき、カッコよすぎです。
思わず身を乗り出して、魅入ってしまいました。

Sponsored Link


蜩ノ記が伝えたかったのは切腹を命じられる不条理さではない

観る前から、役所広司さん演じる戸田秋谷が、切腹を命じられ最後には死ぬんだろうという話。
日本武士の生き様を見せつける映画なのでしょうか。

映画は悲しいほどに、優しい雰囲気に包まれています。
泣かせられました。
じっくりと泣かせてくれます。
観終わった後、会場からはまだすすり泣く音が・・・。
しかし、どこか清々しい。
なぜ、こんなにも理不尽な話なのに、清々しい気持ちになるんだろうと考えてみました。

蜩の記 風景


蜩ノ記は、夫婦愛、師弟愛、家族愛、友情の素晴らしさが根底にあります。

役所広司さん演じる戸田秋谷の妻を、原田美枝子さんが演じています。
いやぁ、お2人の夫婦愛、静かな中にも胸がしめつけられました。
原田美枝子さんの演技が、実に素晴らしいです。

また、師弟愛。
これは戸田秋谷(役所広司さん)と檀野庄三郎(岡田准一くん)の関係です。
もともとは見張り役だった庄三郎。
しかし、戸田秋谷は人格者なんです。
そして、准一くん演じる庄三郎は、秋谷の家族すべてを守ろうとします。

そして泣かせるのが、秋谷の息子ですね。
見事に友情を熱演してます。
予告編で気になった准一くんのワンシーン、ああこういうことかと魅せてくれています。

忘れちゃいけないのが、堀北真希ちゃんが登場しますね。
はい、ご想像どおり、准一くんと2人のシーンでは、なんとも初恋チックなBGMが流れます。
ううぅ・・お似合いでした。

役所広司さんは、岡田准一くんが幼い頃から憧れていた俳優さんです。
私にとっては、役所広司さんといえば、「Shall we ダンス?」が代表作なんですが、とんでもない素晴らしい俳優さんなんですね!
役所広司さんが、岡田准一くんにとって憧れの俳優というのも納得しました。

ぜひ大切な人と、蜩ノ記を観に行かれてください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ